初めてのギターの選び方 価格帯やアコギとエレキの違いなど

初めてのギターの選び方 価格帯やアコギとエレキの違いなど

これからギターを始める初心者の方で「ギターを買いたいけどどんなギターを選べば良いのかわからない」という人が多いと思います。実際にそのような悩みをもっている方が体験レッスンに来られることも多いのですが、今回の記事では価格に重点を置きながら、重さや見た目などの観点からも解説してみましたので参考になればと思います。もちろん初めて購入される人だけでなく新しいギターをそろそろ買おうかなと思っている人にも参考になるかと思います!

【価格】

個人的にはお金さえ出せるのであれば10万円以上のものがオススメです。なぜならその価格帯のギターは弾きやすいものが多く、低価格の物に比べて音も良いので結果長続きしやすいからです。メンテナンスをちゃんとし続ければ一生付き合っていけるものになると思います。ただいきなりそんな大金を使うのは誰だってためらいますよね。でも大丈夫です、あくまで今述べたことは一般論なので2万円台のものでも全然作りがしっかりしているものもありますし、7~8万円でも10万円以上のものに匹敵するクオリティのものもあると思います。なので僕は個人的にその辺の価格帯のギターを生徒さんには勧めるようにしています。

逆に1万円を切るような低価格なものはすぐに木が曲がってきたり、そもそも最初から細かい調整がされていないものも多いです。その結果弾きにくかったりチューニングが合わないのでいつまで経っても音がちゃんと鳴らなくて「楽しくないからやーめた」という状態になることも。初心者が挫折する原因はFコードなんて言われていますが個人的には弾きにくいギターが原因で挫折している人も多いのではと思っています。あらぬ罪を着せられたFコードが可哀想でなりません。

ちなみに僕も最初に家にあったアコースティックギターがコンディションが悪くボロボロの状態だったので全然音が鳴らずに挫折しかけました。でもそのあとエレキギターを手に入れて弾いてみるとめちゃくちゃ弾きやすく感じて「あれも弾いてみようこれも弾いてみよう」と楽しく感じてきたのを覚えています。

【アコギで考えている人はエレキもあり】

ということでアコギで上手く音が鳴らないと悩んでいる方は一度エレキギターを弾いてみるのもオススメです。エレキである程度弾けるようになってからアコギにもう一度トライすると意外と弾けてしまう状態になったりしますし、エレキで弾き語りというのも全然ありですよ。

ちなみに僕が最初に持ったエレキギターは確か初心者セットで3〜4万円くらいだったと思うのですが、初めてのギターの価格帯はこのくらいでも十分だと思います。ただ、4,5年経つと耳も肥えてくるのでギターそのものの音(ポテンシャル)に満足できなくなってくる可能性があります。僕の場合がそうでした、顕著だったのが次の新しいギター(10万円台)を購入してから1番最初に買った3〜4万円のギターを弾くと音が強烈に物足りなかった覚えがあります。加えて新しいギターの方が断然弾きやすかったので価格帯の差というものを痛感しました。

ただし、その頃は演奏のテクニックや知識も未熟だったため今は当時のギターももう少しマシな音で弾けるだろうなぁという思いもあります(笑)

【重さ】

アコギももちろんですがエレキは特に重さも違うので一度お店で試奏というか試し持ち?(笑)させてもらうのも良いと思います。肩こりにならないように気をつけたり体力を持続させることも毎日の練習や本番での演奏には必要ですので注意して選びましょう。ちなみに画像のようなレスポールタイプなどはかなり重たいです。

レスポールタイプ(ひょうたんみたいな形)

【見た目】

練習のモチベーションを上げるという意味ではめちゃくちゃ大事です!自分が気に入った見た目のものは愛着が湧きますし、弾こう、弾いてあげようという気持ちになります。

【低価格のギターは絶対ダメ?】

1万円以下のような安いギターが絶対にダメなのかというと必ずしもそんなことはありません。最初の入り口として購入するのはアリだと思っています。簡単な曲の弾き語りなんかは十分にそれで出来るものもありますし、指の動きの練習にも十分なります。

ただこれはよくあるんですが、どうしても1フレットのあたりが固くて弾きにくいためFがなかなか鳴らせなかったりしますので、ナット(1フレットの左の弦を置いている場所)をヤスリなどで調整することで対処する必要があります。その調整なんですが結構な微調整が必要なようでリペアに持っていかないと難しそうでです。簡単に出来る対処法としては弦を細いものに交換する、くらいかなと思います。

白い部分がナットと呼ばれる部分

【まとめ】

まとめるとこんな感じになります。

  1. 金銭的に余裕があるなら10万円以上のギターを買う方が音も良く弾きやすいので挫折しにくくなり長続きする。
  2. 最初から大金を出すのに抵抗がある場合は10万円以下のものでもオッケー。ただし長く続けていると音の質が物足りなくなってくる可能性あり。
  3. 1万円以下で買えるものは、調整不足でチューニングが合わなかったり弾きにくかったりする。お試しで買うのはあり。